アーユルヴェーダについて
アロマセラピーについて
ヨーガセラピーについて
サロンメニュー
ワークショップ・講座
商品案内

『あーと』について

ご予約・お問合せ

◆ 生命の科学「アーユルヴェーダ」 ◆
アーユルヴェーダはおよそ5千年前、インドで生まれた伝承医学です。
『アーユス』=『命・寿命』と『ヴェーダ』=『科学・知恵』を合わせた言葉で、『生命の科学』、『寿命の科学』と訳されています。
自然療法の原点ともいわれ、世界の伝統医学に大きな影響を与え、現在もインドをはじめ多くの国々で実践されています。
アーユルヴェーダは医学ですが、病気を治療することだけが目的ではなく、病気を予防することを大切に考えています。人と自然のかかわりを見つめ、それを体系化した医学であり、哲学でもあり、人間が真に健康で幸せに生きるための智恵を教えてくれます。
アーユルヴェーダで人間は、『肉体、心、魂』からできていると考えています。人間の健康と幸せは、これらのバランスがとれている状態の時だと考え、これらのうち一つでもバランスが崩れている時は健康、幸せだとは言えないのです。
アーユルヴェーダの教えには、これらのバランスをとる方法として、ハーブやスパイスの使い方、食事の仕方、日々の過ごし方、オイルマッサージ、運動、ヨーガ、調息法、瞑想など具体的な方法を教えてくれます。 これらのアプローチから、たくさんの生活に取り入れやすい方法で、日常でこれらを実践することで、自分の体や心の状態を知ることができるようになります。

◆ トリドーシャ理論 ◆
アーユルヴェーダの特徴の一つは、個人差を重視することです。
私たちは『空・風・火・水・地』の5大元素でできていると言われており、この5大元素の組み合わせで『ヴァータ(空+風)』『ピッタ(火+水)』『カファ(水+地)』の3つに分類され、この一つ一つをドーシャと呼びます。
『トリ」は『3つの』という意味で、3つのドーシャという意味で『トリドーシャ』と呼ばれます。
この世の中にあるものは、人間だけでなく山も海も動物も、森羅万象はすべて、この3つのドーシャのバランスで成り立っていると考え、この概念がアーユルヴェーダ理論の柱にとなる『トリドーシャ理論』なのです。
この3つのドーシャの分量は生まれつき一人一人違います。それが体質であり、私たちの外見、動き方、考え方、性格などに影響し、個性となります。 そして、このバランスの違いが、世界にひとりだけの私を作っています。

『あーと』では、このアーユルヴェーダのトリドーシャ理論に基づき、個人の体質にあったケアの方法を考えています。


 アーユルヴェーダ・ヘアケア・セラピスト
 MAAYA認定インストラクター
 日本アーユルヴェーダ学会(ASJ)会員
  ASJ認定 アーユルヴェーダ・ヘルスケア・アドバイザー

     藤 井 早 苗





Copyright (C) 2008 あ〜と All Rights Reserved.
inserted by FC2 system